堀親寚(読み)ほり ちかしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀親寚 ほり-ちかしげ

1786-1849* 江戸時代後期の大名。
天明6年8月5日生まれ。堀親長(ちかなが)の子。寛政8年信濃(しなの)(長野県)飯田藩主堀家10代となる。寺社奉行,若年寄などをへて,天保(てんぽう)14年老中格にすすむ。天保の改革で水野忠邦(ただくに)を補佐。外様大名でありながら幕府の要職を歴任し,堀家中興の名君といわれた。嘉永(かえい)元年12月10日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

堀親寚 (ほりちかしげ)

生年月日:1786年8月5日
江戸時代後期の大名
1849年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android