コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外様大名 トザマダイミョウ

百科事典マイペディアの解説

外様大名【とざまだいみょう】

外様は譜代に対する語で,主従関係が疎遠なこと,直系に対して傍系をいう。室町時代には幕府と疎遠な大名を外様衆とよんだ。外様大名は江戸時代,徳川家の譜代でなく,関ヶ原の戦以後臣従した諸侯の称。
→関連項目出石藩宇和島藩飫肥藩参勤交代島津氏親藩鳥羽藩南部氏沼田藩松代藩山形藩

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とざまだいみょう【外様大名】

江戸時代における大名類別の一つ。徳川氏関ヶ原の戦による覇権確立以降,自己の一門,家臣のなかから多数の大名を取り立てたが,これを親藩譜代大名とよんだのに対し,旧族大名や豊臣系の大名で,新しく徳川氏に服属した大名を外様大名と称した。なかには外様大名の子弟で譜代大名になったものもある。外様大名はかつて徳川氏と同輩で,前田氏102万石,島津氏72万石,伊達氏62万石など大大名が多く,幕府のもっとも警戒するところであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とざまだいみょう【外様大名】

関ヶ原の合戦以後に徳川氏に臣従した諸侯。外様。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外様大名
とざまだいみょう

江戸時代における大名類別の一つ。外様の呼称は、鎌倉時代以降武士の間に用いられ、譜代(ふだい)の関係なく臣礼をとる大名を外様衆と称した。江戸時代においては、旧族大名や織豊(しょくほう)大名で、関ヶ原の戦い以降、新しく徳川氏に帰属した大名をいう。前田氏(金沢藩)の102万石、島津氏(鹿児島藩)の72万石、伊達(だて)氏(仙台藩)の62万石など大大名が多い。そのため、幕府のもっとも警戒するところとなり、婚姻や賜姓によって懐柔する一方、参勤交代や普請(ふしん)の助役(すけやく)によって、その財力を消耗し、あるいは改易(かいえき)・転封(てんぽう)によって、取潰(とりつぶ)し、または辺境地帯に移した。外様大名の所領は一円知行(いちえんちぎょう)が多く、中期以降の藩政改革において、領内の産業統制に成功し、富国強兵と相まって明治維新の推進力となった。[藤野 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の外様大名の言及

【改易】より

…当時改易とは,士分以上のものの籍を除いて,その知行,俸禄,家屋敷を没収することをいい,ほかに減封,転封,役儀召放などにも併用された。大名改易の第1の理由は軍事的理由によるもので,家康は関ヶ原の戦で徳川氏に反抗した外様大名88名を改易によって取りつぶし,ほかに5名の外様大名を減転した。両者を合わせると,没収総高は93名の632万4194石となる。…

【外様】より

…室町時代以後は大名の家格を示す呼称として用いられ,外様衆とは幕府と疎遠な関係にある大名の称号となった。江戸時代になると,親藩・譜代大名に対して外様大名があり,一般に関ヶ原の戦の後に徳川家に臣属した大名の呼称となった。【五味 克夫】。…

※「外様大名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外様大名の関連キーワード前田利次大名屋敷蜂須賀氏島津家久池田光政前田治脩竹中重義寺沢広高秋月種樹脇坂安董前田吉徳前田利治藤堂高虎伊東氏松の間岡山藩岩国藩東照宮大広間池田氏

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外様大名の関連情報