コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤朝風 つつみ あさかぜ

1件 の用語解説(堤朝風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤朝風 つつみ-あさかぜ

1765-1834 江戸時代中期-後期の国学者。
明和2年生まれ。幕府の賄組頭(まかないくみがしら)。本居宣長(もとおり-のりなが)の門人。新井白石に私淑し,平田篤胤(あつたね)とも親交があった。天保(てんぽう)5年4月7日死去。70歳。江戸出身。通称は三五郎。号は竹裏亭,不占。著作に「古学道の枝折(しおり)」「柳営年中行事大成」,編著に「近代著述目録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堤朝風の関連キーワード中野碩翁菅沼奇淵ティチングヤング葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑過疎現象と市区町村合併

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone