コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤静斎 つつみ せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤静斎 つつみ-せいさい

1827-1892 幕末-明治時代の儒者。
文政10年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)の人。広瀬淡窓,のち江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事し,昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。元治(げんじ)元年幕府の徒(かち)目付となり,幕長戦争などでたたかう。明治11年東京に知新学舎をひらいた。明治25年11月13日死去。66歳。名は正勝。字(あざな)は威卿。通称は省三。詩集に「皆山閣詩鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堤静斎の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android