コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤静斎 つつみ せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤静斎 つつみ-せいさい

1827-1892 幕末-明治時代の儒者。
文政10年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)の人。広瀬淡窓,のち江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事し,昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。元治(げんじ)元年幕府の徒(かち)目付となり,幕長戦争などでたたかう。明治11年東京に知新学舎をひらいた。明治25年11月13日死去。66歳。名は正勝。字(あざな)は威卿。通称は省三。詩集に「皆山閣詩鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堤静斎の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android