コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

い〔ゐ〕【×堰】

いせき(堰)」に同じ。〈新撰字鏡

い‐せき〔ゐ‐〕【×堰/井×堰】

水を他へ引いたり流量を調節したりするため、川水をせきとめる所。せき。い。

せき【×堰】

動詞「塞(せ)く」の連用形から》水を取るため、また、水深・流量の調節のため、川の途中や流出口などに設けて流水をせき止める構造物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


せき
barrageweir

流れを制御するために河川、水路などを横断してつくられる構造物。堰上流の水位を高くして用水を安定して取水できるようにするための取水堰、河川・水路の分流点付近に設置して派川・分水路への分流量を調節するための分流堰(分水堰)、塩水の遡上(そじょう)を阻止するための潮止堰(しおどめせき)、塩害防止と用水供給のための河口堰などがある。堰には水位、流量を人為的に調節できる可動堰と調節できない固定堰がある。可動堰にはゲートが取り付けられ、河川流量に応じてゲートを操作して堰上流の水位と堰からの放流量を調節する。洪水時にはゲートを全開して、洪水を流下させる。堰には必要に応じて魚道や閘門を設置する。
 実験水路や人工水路などの開水路の流れの流量を測定するための堰(流量堰)もある。流量堰には刃形(はがた)堰と広頂(こうちょう)堰がある。川 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【大運河】より

…河の両岸には並木が植えられ,流れをさかのぼって舟を引く必要のあるところには牽路(けんろ)が作られていた。運河には随所に閘を設け,必要に応じ開閉して水量を調節し,また水位に上下があるところでは堰(えん)を築いた。堰は埭(たい),壩(は)ともよばれ,河道に人工的な傾斜面を作って,舟を綱で引き上げあるいは滑り下ろす設備で,人力によるほか牛に轆轤(ろくろ)を引かせることもあり,その間は荷物を舟から下ろして車で運ぶ場合もあったのである。…

※「堰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

堰の関連キーワード高知県香美市土佐山田町楠目秋田県雄勝郡東成瀬村田子内福島県いわき市好間町愛谷山口県山陽小野田市厚狭岩手県北上市和賀町岩沢徳島県阿波市吉野町柿原宮崎県延岡市下三輪町レーボックの堰の公式静岡県沼津市岡一色角落とし・角落し滋賀県大津市南郷井上忠右衛門土砂崩れダムシーイエン瀬田川洗堰黒井半四郎堰口・関口土砂ダム黒井忠寄堰八安高

堰の関連情報