コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

場理論 ばりろんfield theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

場理論
ばりろん
field theory

心理的諸事象を物理学における概念との類推によって体系化しようとする心理学の理論。この一般的特徴は,心理的諸事象を場の全体的構造連関としてとらえようとするところにある。 W.ケーラーは,同型説の立場から現象的事象の対応として大脳における事象を想定し,現象的場とその根底にある心理=物理的場は,ともにゲシュタルト原理に基づいて成立すると仮定した。 K.レビンは,場の概念を十分に取入れながら,心理学的場を物理学的ではなく心理学的な力学によって理解しようと試み,その数学的表現として位相数学が適用されるとした (→トポロジー心理学 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

場理論の関連キーワードベブレン(Oswald Veblen)ワイル(Hermann Weyl)D.フィリップ カートライトJ.H. ヴァン・ビレックアインシュタイン(年譜)グループ・ダイナミックスウェンデリン ウェルナーカルツァ・クライン理論キュリー‐ワイスの法則オズワルド ベブレンランダウの相転移理論S. ワインバーグアインシュタイン相互作用(物理)シュワルツシルト一般相対性理論ベクトル心理学ボーチャーズ非局所場理論エディントン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

場理論の関連情報