コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堺正章 さかい まさあき

2件 の用語解説(堺正章の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堺正章 さかい-まさあき

1946- 昭和後期-平成時代の歌手,タレント。
昭和21年8月6日生まれ。堺駿二の次男。昭和37年グループサウンズのザ・スパイダースにボーカリストとして参加して人気をえる。グループ解散後ソロシンガーとなり,46年「さらば恋人」で日本レコード大賞大衆賞。すぐれた喜劇センスを発揮して映画,舞台,テレビで活躍。東京出身。鎌倉学園高中退。本名は栗原正章。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

堺 正章


芸名
堺 正章

性別
男性

生年月日
1946/08/06

星座
しし座

干支
戌年

血液型
A

出身地
東京都

身長
165cm

体重
60kg

職種
タレント・俳優・女優/音楽/話す仕事

プロフィール
父で俳優の堺駿二の影響もあり、幼い頃から子役として活躍。1962年“田辺昭知とスパイダース”に参加。井上順・かまやつひろしらとともにボーカルを担当。解散する1970年まで、デビュー曲『ノー・ノー・ボーイ』を始め、『夕日が泣いている』『いつまでも どこまでも』『風が泣いている』『なんとなく なんとなく』『バン・バン・バン』『あの時君は若かった』等、数多くのヒットソングを生む。翌1971年にソロデビューしNHK紅白歌合戦』に初出場。『さらば恋人』『街の灯り』などの名曲を残す。また、大ヒットとなった日本テレビ『西遊記シリーズ』では主演の孫悟空役を務めたりと、俳優としての活躍も多数。毎年1月に放送されるフジテレビ『新春かくし芸大会』では常にハイレベルな芸を披露し、「Mr.かくし芸」の異名を得ている。ドラマ、映画、舞台、バラエティ番組で俳優、司会業などマルチタレントの第一人者として活躍し続けている。

代表作品
BSフジ『堺でございます』 / 日本テレビ『世界一受けたい授業』『西遊記シリーズ』 / TBSチューボーですよ!

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

堺正章の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)盧武鉉南海地震ビキニ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堺正章の関連情報