堺段通(読み)サカイダンツウ

デジタル大辞泉の解説

さかい‐だんつう〔さかひ‐〕【×堺段通】

江戸末期、堺付近で産した段通。糸物商藤本荘左衛門が中国の段通をまねて始めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さかいだんつう【堺段通】

堺市近辺産出の段通。多くは木綿の文様織物。中国の段通を模して江戸末期から織り出された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さかい‐だんつう さかひ‥【堺段通】

〘名〙 (「だんつう」は綿、麻、羊毛などを用いてつくった厚い敷物用の織物) 堺特産の手編込みの段通。天保二年(一八三一)、堺の糸物商藤本庄左衛門が、中国の段通や佐賀の鍋島段通に模して創製したことに始まる。明治前・中期に盛業。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉五「堺段通(サカイダンツウ)の座布団をしきぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android