段通/緞通(読み)ダンツウ

デジタル大辞泉の解説

だん‐つう【段通/×緞通】

《中国語「毯子(タンツ)」から》屋内敷物用織物のうち、手織りの高級品の称。地糸に麻糸や綿糸を使い、羊毛などの毛を結びつけて立毛にし、さらに各種の色糸を織り込んで模様を表したもの。古くはペルシアイラン)を中心とする中近東でつくられ、シルクロードを経て中国に伝わった。日本でも天保年間(1830~1844)に、堺(さかい)などでそれらをまねて織られた。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

だんつう【段通/緞通】

模様のある厚手の敷物。じゅうたんよりも小型で部分敷きにするものをいうことが多い。中国・インド・ペルシア(現イラン)などで作られ、日本には毛氈(もうせん)とともに中国から伝えられた。鍋島(なべしま)緞通、堺(さかい)緞通などが知られる。◇中国語「毯子(タンツ)」の転。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android