コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化ルテニウム えんかルテニウムruthenium chloride

世界大百科事典 第2版の解説

えんかルテニウム【塩化ルテニウム ruthenium chloride】

通常はルテニウム(III)塩のことをいう。
[塩化ルテニウム(III)]
 化学式RuCl3。無水和物にα型とβ型が知られ,水和物に1水和物と3水和物が知られている。市販のものは3水和物RuCl3・3H2Oに近い組成を示す。β型は暗褐色の毛状粉末で,エチルアルコールに溶ける。塩素中450℃でα型に変化する。α型は黒色葉状の結晶で,水,エチルアルコールに溶けない。1水和物は黒褐色板状の結晶で水に溶ける。3水和物は実際にはトリクロロトリアクアルテニウム(III)[RuCl3(H2O)3]という正八面体錯体であり,mer形とfac形の幾何異性体が存在する(図参照)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

塩化ルテニウムの関連キーワードエチルアルコール

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android