塩化水銀(Ⅱ)アミド(読み)エンカスイギンアミド

化学辞典 第2版の解説

塩化水銀(Ⅱ)アミド
エンカスイギンアミド
mercury(Ⅱ) amide chloride

HgClNH2(252.07).白ゴウコウともいう.塩化水銀(Ⅱ)にアンモニア水を作用させると得られる.白色の無定形粉末.水に微溶.加熱すると,溶融せずに分解する.収れん作用があり,医薬品(止血剤)に用いられるほか,防腐剤殺虫剤にも用いられる.有毒.[CAS 10124-48-8]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android