公民権停止(読み)こうみんけんていし

百科事典マイペディアの解説

公民権停止【こうみんけんていし】

公民権とは一般的に選挙権被選挙権の停止とされ,公職選挙法(1950年)で規定される。選挙権・被選挙権を有しない者とは,(1)禁治産者,(2)禁錮以上のを終わるまでの者,(3)禁錮以上の刑の執行を受けることがなくなるまでの者(執行猶予者を除く),(4)選挙違反により禁錮以上の刑を受けて執行猶予中の者(以上,11条)。選挙違反には厳しい処分があり,罰金刑の場合は判決確定から5年間(執行猶予者は猶予期間中),禁錮以上の場合は判決確定から執行終了までとその後の5年間(買収の場合は10年。以上252条)。1994年の公職選挙法改正により,公職にある者が,その間に収賄罪を犯した場合も刑の執行期間とその後の5年間(執行猶予の場合は猶予期間中)公民権の停止とされた。また,連座制の強化により,候補者本人の当選が無効となった場合は,同一選挙区内での5年間の立候補禁止が盛り込まれた。
→関連項目公民権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうみんけんていし【公民権停止】

公民権とは,国または地方公共団体の公務に参与する権利・義務を有する公民としての資格をいう。日本国憲法の下では公民という考え方は廃止され,したがって,公民権の停止は,一般に選挙権,被選挙権の停止と解されているので,以下これについて説明する。選挙権,被選挙権の停止については,公職選挙法(以下公選法という)11条および252条にみられる。まず,公選法11条では,(1)禁治産者,(2)禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまでの者,(3)禁錮以上の刑に処せられ,その執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く),(4)選挙に関する犯罪により禁錮以上の刑に処せられ,その刑の執行猶予中の者は,選挙権,被選挙権を有しないとしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公民権停止の関連情報