コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩谷大四郎 しおのや だいしろう

2件 の用語解説(塩谷大四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩谷大四郎 しおのや-だいしろう

1769-1836 江戸時代後期の武士。
明和6年6月14日生まれ。幕府勘定方塩谷奉正(ともまさ)の養子。勘定吟味方改役,豊後(ぶんご)(大分県)日田代官をへて,西国郡代となる。日田の豪商広瀬久兵衛とともに小ケ瀬井路の開削,周防灘(すおうなだ)沿岸の新田開発などにつくした。天保(てんぽう)7年9月8日死去。68歳。江戸出身。本姓は粟津。名は惟寅(これのぶ),のち正義。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

塩谷大四郎

没年:天保7.9.8(1836.10.17)
生年:明和6.6.14(1769.7.17)
江戸後期土木事業などに大きな業績を残した西国筋郡代。名は正義。幕臣粟津家に生まれ,のち塩谷家に入る。寛政12(1800)年勘定吟味改役から代官に昇進。文化13(1816)年九州の幕領10万石支配の代官に任命され,翌年豊後国日田陣屋(大分県日田市)へ着任した。その後支配地は16万石余にまで増え,文政4(1821)年には西国筋郡代に昇任。日田在任中は小ケ瀬井路の開削,筑後川舟運の整備,救済施設陰徳倉の設置,道路の改修などを行った。また,豊前宇佐郡や豊後国東郡などの海岸干拓新田を築造。こうした積極的政策は町村の豪農商の出金によって賄われたため負担増となり,「塩鯛(塩谷大四郎)は元のブエン(無塩)に立返れ,塩が辛うて舌(下)がたまらん」との狂歌も残されている。天保6(1835)年まで同職にあった。

(豊田寛三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩谷大四郎の関連キーワードエルミートゲーデル工部デュファイブルークマンヘディンベネディクト修道会NIO昆九郎左衛門ヴォルフ, フーゴ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone