塩酸キニーネ(読み)えんさんキニーネ

精選版 日本国語大辞典の解説

えんさん‐キニーネ【塩酸キニーネ】

〘名〙 (キニーネはkinine) キニーネの塩酸塩。白色の粉末。解熱剤、鎮痛剤で、マラリアの治療薬として用いられる。〔薬品名彙(1873)〕
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉老余の半生「是れは塩酸(エンサン)キニーネ最上の品で、薬店などにはない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android