コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩野谷九十九 しおのや つくも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩野谷九十九 しおのや-つくも

1905-1983 昭和時代の経済学者。
明治38年10月12日生まれ。経済学者・塩野谷祐一の父。名古屋高商,名古屋帝大,名大,南山大の教授を歴任。昭和16年ケインズの「雇傭(こよう)・利子及び貨幣の一般理論」をわが国ではじめて翻訳。ケインズ経済学の紹介・研究に従事した。昭和58年6月4日死去。77歳。愛知県出身。東京商大(現・一橋大)卒。著作に「経済発展と資本蓄積」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の塩野谷九十九の言及

【雇用・利子および貨幣の一般理論】より

…その結果,1970年代に入ると,現実面でのケインズ的な政策の行詰りもあって,ケインズの理論に対する批判(たとえばマネタリズム)が高まり,反革命の動きが強まっている。なお《一般理論》の邦訳は,1941年に塩野谷九十九訳で東洋経済新報社から刊行された。【館 竜一郎】。…

※「塩野谷九十九」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩野谷九十九の関連キーワードポンド(イギリスの通貨単位)フランス銀行雇用理論完全雇用ハロッド昭和時代貯蓄

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android