コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒巻/新巻/苞苴 アラマキ

デジタル大辞泉の解説

あら‐まき【荒巻/新巻/苞苴】

《もと、荒縄で巻いたところから》内臓を取って甘塩にするか薄い塩水に浸した鮭(さけ)。暮れの贈答品として用いる。あらまきざけ。 冬》
わら葦(あし)や竹の皮などで魚を巻いたもの。つと。すまき
「鯛の―四、五巻ばかり、今朝持て来りて」〈今昔・二八・三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

荒巻/新巻/苞苴の関連キーワード東北大学総合学術博物館フォトニックラティス仙台市八木山動物公園荒巻(新巻)宮城教育大学国際通貨基金2月16日荒(新)巻荒巻 利蔭山岸蘭室八女提灯ニッケイふつふつ荒巻利蔭東北大学塩引き菅克復糊付機荒巻鮭助然