コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒巻/新巻/苞苴 アラマキ

1件 の用語解説(荒巻/新巻/苞苴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あら‐まき【荒巻/新巻/苞苴】

《もと、荒縄で巻いたところから》内臓を取って甘塩にするか薄い塩水に浸した鮭(さけ)。暮れの贈答品として用いる。あらまきざけ。 冬》
わら葦(あし)や竹の皮などで魚を巻いたもの。つと。すまき。
「鯛の―四、五巻ばかり、今朝持て来りて」〈今昔・二八・三〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒巻/新巻/苞苴の関連キーワード渦輪機物二所籐荒縄軍艦巻玉梓筈巻見たところ新巻き/荒巻き海苔巻き

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone