コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塵地 ちりじ

3件 の用語解説(塵地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塵地
ちりじ

蒔絵技法の名称。中国では平塵 (へいじん) といい,唐代に盛行した。器物表面に濃色の漆を塗り,金,銀,錫などの鑢粉 (やすりふん) をあらく蒔いて透明漆をかけ,とぎ出したもの。鑢粉が塵のように見えるのでこの名がある。通常,文様外の地蒔きとして平安時代に主として行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちりじ【塵地】

蒔絵まきえの手法の一。漆面に金銀のやすり粉を散らしたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塵地の関連情報