コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塵地 ちりじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塵地
ちりじ

蒔絵技法の名称。中国では平塵 (へいじん) といい,唐代に盛行した。器物表面に濃色を塗り,金,銀,錫などの鑢粉 (やすりふん) をあらく蒔いて透明漆をかけ,とぎ出したもの。鑢粉が塵のように見えるのでこの名がある。通常,文様外の地蒔きとして平安時代に主として行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちり‐じ〔‐ヂ〕【×塵地】

蒔絵(まきえ)の地蒔(じま)きの一。漆を塗った上に金銀鑢粉(やすりふん)をまばらにまき、さらに漆を塗って研ぎ出したもの。平塵(へいじん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちりじ【塵地】

蒔絵まきえの手法の一。漆面に金銀のやすり粉を散らしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

塵地の関連キーワード大阪府羽曳野市誉田大阪府羽曳野市誉田八幡宮三好徹地蒔薄塵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塵地の関連情報