コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梨地 なしじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梨地
なしじ

蒔絵技法の名称。梨子地とも書く。器物の表面に漆を塗り,金,銀,錫などの梨地粉を蒔き,その上に透明漆を塗って粉の露出しない程度にとぐ技法。梨の肌に似ているところからこの名があり,鎌倉時代に始った。のちに各種の梨地が工夫され,粉の蒔き具合によって名称が異なる。すきまのないように蒔く詰梨地,金箔を置く刑部 (ぎょうぶ) 梨地,文様中に梨地を用いる絵梨地,雲形,霞形などを表わす叢 (むら) 梨地などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なしじ【梨地】

蒔絵(まきえ)技法の一種。金粉を蒔いた地のことで,その名はナシの皮に似ているところからきており,中国では日本の梨地のことを灑金(さいきん)と呼んだ。梨地用の金粉は梨地粉といい,その製法は金の地金を鑢(やすり)ですりおろしたいわゆる鑢粉鋼板の上に散布し,その上に太い針を3~4本ならべ,こてで針を圧しながらころがすと,鑢粉は平らにのびて平目粉(ひらめふん)ができる。これをさらに圧して不整形にちぎれたものを篩(ふるい)にかけて大小数種に分けたものが梨地粉である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梨地
なしじ

蒔絵(まきえ)の地蒔(じまき)の一種。梨の肌に似ていることからの名称。蒔絵粉(ふん)は製法によって精粗、形状の異なりが生じるが、これに使用する梨地粉は平目粉(ひらめふん)をさらに平らに圧延して薄く細かにしたもので、漆を薄く塗った上にこれを蒔き、乾燥後、透漆(すきうるし)を塗って十分に乾かし、粉の露出しない程度に朴炭(ほおずみ)で研ぎ出して滑らかにする。鎌倉時代に始まり、室町時代に発達して厚梨地という語も出現する。桃山時代には文様のなかに取り入れられた絵(え)梨地が流行し、金溜地(きんためじ)と対照的に使用されて色彩効果をあげ、とくに高台寺(こうだいじ)蒔絵によくみられる。江戸時代には手法も多様化し、すきまのないように蒔く詰(つめ)梨地、斑文(はんもん)状に表した村(むら)梨地、平目粉を混ぜる鹿(か)の子(こ)梨地、金箔(きんぱく)を置く刑部(ぎょうぶ)梨地などが現れた。ちなみに、中国の灑金(さいきん)は梨地のたぐいである。[郷家忠臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の梨地の言及

【蒔絵】より

…金銀の代用として錫,銅,真鍮,アルミニウムなども近代になって用いられた。粉の種類には丸粉,半丸粉,平目粉(刑部(ぎようぶ)平目),梨地(なしじ)粉,平粉,消粉などがある。おのおの粗細があり,丸粉でみると1号(細)から15号(粗)まであり,おもに3号以下は平蒔絵に,8号以上は研出(とぎだし)蒔絵に用いられる。…

※「梨地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梨地の関連キーワード金梨地蒔絵 長刀万年筆ダブルジョーゼットアムンゼン(織物)ショットピーニングアクアティント液体ホーニング小宮山 常吉ジョーゼットくろがねや平野 成子石塚 末吉仙北[町]平林 太一星野 重次刑部太郎最上徳内石塚末吉薩摩錫器シボ加工川連漆器

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android