コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塵添壒囊抄 じんてんあいのうしょう

世界大百科事典 第2版の解説

じんてんあいのうしょう【塵添壒囊抄】

室町時代末期に編さんされた類書。20巻,古刊本20冊。1532年(天文1)の序文に編者の僧某がしるしているように,すでに流布の《壒囊鈔》の巻々に《塵袋(ちりぶくろ)》から選択した201項を本文のまま配し添え,計737項を編さんしたもの。中世的な学殖をもって,仏教・世俗にわたる故事の説明がなされており,中世の学芸・風俗・言語の趣を知るべき直接の資料をもなしている。《大日本仏教全書》所収。【吉川 泰雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塵添壒囊抄の関連キーワード青岸渡寺

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android