学殖(読み)がくしょく

精選版 日本国語大辞典「学殖」の解説

がく‐しょく【学殖】

〘名〙 学問を積むこと。また、身についた学問上の知識。学問の素養
※日本詩史(1771)二「論、則義堂似絶海
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「身分、閲歴、学殖、年齢などといふいかめしい資格が」 〔銭‐授裴廷裕左散騎常侍制〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「学殖」の解説

がく‐しょく【学殖】

学問によって身につけた知識。深い学識。「学殖豊かな人」
[類語]学問教養知識蘊蓄学識造詣該博素養碩学篤学博学博識博覧強記有識物知り生き字引博覧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「学殖」の解説

【学殖】がくしよく

深い学識。〔晋書、王凝之の妻謝氏伝〕嘗(かつ)て(謝)の學殖まざるを(そし)りて曰く、塵務の心に經(ふ)るが爲か、天の限りるかと。

字通「学」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android