コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墓畔の哀歌 ぼはんのあいかElegy Written in a Country Churchyard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墓畔の哀歌
ぼはんのあいか
Elegy Written in a Country Churchyard

イギリスの詩人 T.グレーの瞑想詩。 1751年刊。 10音節4行連句,32連から成る。ストーク・ポージェズと推定される寒村の墓地にたたずむ詩人の胸中の思い,憂愁を歌ったもの。 42年頃に着手,断続的に推敲を加えて,50年完成。死と孤独を歌う当時流行の趣向に投じるとともに,万人に訴えるイメージと感情により広く愛誦され,英詩中最も親しまれた作品の一つとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼはんのあいか【墓畔の哀歌】

《原題Elegy Written in a Country Churchyardグレーによる詩。1751年発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

墓畔の哀歌の関連キーワードジュコフスキー(Vasiliy Andreevich Zhukovskiy)グレー(Thomas Gray)ジュコーフスキージュコフスキーイギリス文学エレジー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android