コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増俊 ぞうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増俊 ぞうしゅん

1084-1165 平安時代後期の僧。
応徳元年生まれ。真言宗随心院流祖。勧修(かじゅう)寺の厳覚(ごんかく)から灌頂(かんじょう)をうける。のち仁海(にんがい)がひらいた京都小野の曼荼羅(まんだら)寺を復興し,随心院とあらためた。厳覚門の宗意(そうい),寛信(かんじん)の流派とあわせ小野三流という。長寛3年2月11日死去。82歳。通称は中納言阿闍梨(あじゃり)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

増俊の関連キーワード顕厳