コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差(し)引き サシヒキ

デジタル大辞泉の解説

さし‐ひき【差(し)引き】

[名](スル)
差し引くこと。特に、金銭の収支・貸借などの計算をすること。また、その結果。「前貸しの分を差し引きする」「差し引き一〇万円の赤字」
潮の満ち干。また、体温の上がり下がり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

差(し)引きの関連キーワードフィードバック・システム住宅ローン債権信託長期譲渡所得海洋大循環収支分岐点海洋気象譲渡担保とんとん昭和恐慌福祉経済前貸し熱効率把頭制金銭貸借相殺パーQ値

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android