コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増田紫陽 ますだ しよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田紫陽 ますだ-しよう

1817*-1900 幕末-明治時代の漢学者。
文化13年12月29日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩校明倫堂にまなび,尊攘(そんじょう)をとなえる。藩主徳川義宜(よしのり)の侍講,明倫堂助教並となる。明治7年私塾白水学校をひらいた。明治33年11月29日死去。85歳。名は祺。通称は春邇郎。別号に白水。詩集に「紫陽真詩」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

増田紫陽の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門カラジョルジェ・ペトロビッチモンローキンダー妙心西川扇蔵(2世)宇田川榕菴紀行文学グメーリンスタンダール

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone