コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増祐 ぞうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増祐 ぞうゆう

?-976 平安時代中期の僧。
天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の別院の京都如意寺の。夢で死期のせまったことを知り,弟子に命じて穴をほらせ,そのなかにはいり,念仏をとなえながら没したという。天延4年1月30日死去。播磨(はりま)(兵庫県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

増祐の関連キーワード天台宗

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android