増粘安定剤

デジタル大辞泉の解説

ぞうねん‐あんていざい【増粘安定剤】

食品や飲料に粘性を付与するための食品添加物。その用途により、粘りやとろみをつける増粘剤、食品をゲル状にするゲル化剤、食品の形状を保ち、保水性を高める結着剤に分類される。ペクチンカラギーナンなど、天然由来の複数の多糖類からなる増粘多糖類が用いられる。糊料(こりょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる