コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墾丁森林遊楽区 こんていしんりんゆうらくく

1件 の用語解説(墾丁森林遊楽区の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こんていしんりんゆうらくく【墾丁森林遊楽区】

台湾島最南端の恒春(ホンチュン)半島に位置し、墾丁国家公園の中にある台湾最大の熱帯植物園(旧・恒春熱帯植物園)。海抜約230~300m、面積は約435ha。隆起したサンゴ礁によりつくられた地形で、エリア内には野生種、栽培種を含め1200~1300種の熱帯植物が繁茂し、椰子(やし)、油脂、橡膠、薬用、熱帯果樹などの17の観光エリアに分かれ、台湾南部の熱帯の自然を楽しむことができる。この一帯は、もともと先住民パイワン族の村落があったところで、日本の統治時代に513種の熱帯植物が持ち込まれ、戦後は台湾省林業試験所により墾丁熱帯植物園が置かれていた。区内には鍾乳洞や峡谷などがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墾丁森林遊楽区の関連キーワードコスタデルソル佐多岬タリファホーン岬純忠奔注チュコト半島紅中恒春与那国馬 (Yonaguni)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone