コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壁織(り) カベオリ

デジタル大辞泉の解説

かべ‐おり【壁織(り)】

絹織物の一。縦糸には生糸または染色した練り生糸などを、横糸には壁糸を使って、縮緬(ちりめん)より少し大きな皺(しぼ)のあるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

壁織【かべおり】

緯(よこ)糸に壁糸を用いた織物の総称。壁糸織ともいう。壁縮緬(ちりめん),壁御召,壁銘仙,壁羽二重,壁絽(ろ)などがある。織った表面に荒壁のような細かいしぼができるが,縮緬などより伸び縮みが少ない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

壁織(り)の関連キーワード綿壁織り・綿壁織壁糸織り・壁糸織壁織物綿壁織絹織物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android