コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壁織(り) カベオリ

デジタル大辞泉の解説

かべ‐おり【壁織(り)】

絹織物の一。縦糸には生糸または染色した練り生糸などを、横糸には壁糸を使って、縮緬(ちりめん)より少し大きな皺(しぼ)のあるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

壁織【かべおり】

緯(よこ)糸に壁糸を用いた織物の総称。壁糸織ともいう。壁縮緬(ちりめん),壁御召,壁銘仙,壁羽二重,壁絽(ろ)などがある。織った表面に荒壁のような細かいしぼができるが,縮緬などより伸び縮みが少ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

壁織(り)の関連キーワード綿壁織り・綿壁織壁糸織り・壁糸織壁織物綿壁織絹織物

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android