しぼ

日本大百科全書(ニッポニカ)「しぼ」の解説

しぼ
しぼ / 皺

縮緬(ちりめん)、お召や壁織、(ちぢみ)、フラット・クレープ、ジョーゼットなどの織物で、糸の撚(よ)りによって織り面に現れる波状あるいは粒状のしわをいう。このしぼの深さをしぼ立ちという。緯糸(よこいと)に左右撚りの強撚糸(きょうねんし)を交互に打ち込むと両しぼとなり、右撚りまたは左撚りの強撚糸のいずれか一方だけを緯糸に打ち込むと片しぼができる。また経(たて)に強撚糸を使った片しぼは竪(たて)しぼ、あるいは「たけしぼ」といわれている。これらは撚り回数、糸の配列方法、経緯糸の密度により、細かいしぼから、荒い目だつ粒状になったしぼができ、それぞれ名称がつけられている。このしぼを出すには、製織後、1メートルほどに折り畳み、温湯に浸して糊(のり)を落とし、もんでしぼ寄せする。また機械的には回転式染色機を使う。

[角山幸洋]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「しぼ」の解説

しぼ

織物の表面に作られる細かい波状の凹凸のこと。縮緬(ちりめん),縮(ちぢみ),クレープなどが代表的。織糸の張力を不均等にして縮れを出すもので,普通は経糸(たていと)に無撚糸(ねんし)を,緯(よこ)糸に右撚糸と左撚糸を交互に織り込む。糸の組合せ方により線状の片しぼ,大きな鬼しぼ(うずらしぼ)などがある。また薬品や押しなどの加工によってしぼを現すことも行われている。
→関連項目壁織

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

化学辞典 第2版「しぼ」の解説

しぼ
シボ
grain

織物や天然皮革擬革の商品価値を高めるためにつける凸凹の型.一般に,熱ロール間で加圧したり,薬剤を用いて行う成形をいう.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報