壁草(読み)カベクサ

デジタル大辞泉の解説

かべ‐くさ【壁草】

壁を作るときに土に混ぜて使う草。カヤススキアシなどの類。
「新室(にひむろ)の―刈りにいまし給はね」〈・二三五一〉
[補説]書名別項。→壁草

かべくさ【壁草】[書名]

室町後期の連歌集。10巻。宗長自撰。文亀元年(1501)から永正9年(1512)までの約10年の間に増補改訂が行われている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

壁草 (カベグサ)

植物。ウコギ科の常緑つる性植物,園芸植物,薬用植物。キズタの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android