士民(読み)シミン

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐みん【士民】

〘名〙
① 教養のある階級の士と、そうでない一般的な民。武士と庶民。また、広く一般人民。
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「国王・大臣・居士・士民にさづくる袈裟、みな却刺なり」
※読史余論(1712)三「公家の政道の事の外に武家の世に劣れる事を士民能知りぬれば」 〔戦国策‐趙策上・恵文王上〕
士族と平民。
※宮内省達第一〇号‐明治二二年(1889)七月二三日・一八条「華族士民の叙位」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

士民の関連情報