(読み)し

精選版 日本国語大辞典「士」の解説

し【士】

〘名〙
官位俸祿を有し、人民の上に位する男。
※続日本紀‐養老四年(720)六月己酉「士有百行、孝敬為先」
※菅家文草(900頃)二・相国東廊、講孝経畢「士出寒閨忠順成、樵夫不歎負薪行」 〔国語‐斉語一〕
② 男性をいう。男子。おとこ。おのこ。「同好の士」 〔史記‐刺客伝〕
③ 学問、道徳を身につけたりっぱな人。また、人徳の備わった尊敬に値する人物。
※菅家文草(900頃)二・有所思「狂暴之人難我、文章之士定為誰」
徒然草(1331頃)一四三「博学の士も計るべからず」 〔史記‐周本紀〕
④ 武道をもって主君に仕える者。武士。さむらい。士族
※太平記(14C後)二六「に賢才の、勇猛の士を具して才を挍べ」
※史記抄(1477)一九「士農工商の四民と云て、人に四種の品があるぞ。士は、日本にさぶらいと云ほどの者ぞ」
⑤ 古く中国で、天子諸侯家臣で大夫の下に位する者。

じ【士】

〘名〙 =し(士)
※日葡辞書(1603‐04)「Ii(ジ)。ツワモノ〈訳〉兵士。例、ユミャウノ jiuo(ジヲ) メシグス」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「士」の解説

し【士】[漢字項目]

[音](漢) ジ(呉) [訓]さむらい
学習漢字]5年
〈シ〉
成人した男子。また、学識・徳行のあるりっぱな男子。「士女隠士義士国士志士紳士人士壮士文士名士
古代中国の官吏の一。大夫より下の階級。「士大夫
特別の資格・技術を身につけた人。「学士棋士修士博士(はくし)弁士
さむらい。「士分騎士郷士(ごうし)武士浪士
軍人。「士官士気戦士兵士勇士
自衛隊の兵の称。「海士空士陸士
〈ジ〉に同じ。「衛士(えじ)居士(こじ)
[名のり]あき・あきら・お・おさむ・こと・さち・ただ・つかさ・と・のり・ひと・まもる
[難読]海士(あま)・徒士(かち)・博士(はかせ)武士(もののふ)

し【士】

男性。男子。また、特に学問・道徳などを身にそなえた尊敬に値する人物。「に一定の論あり」「同好のを募る」「博学の
さむらい。武士。「農工商」
中国、代の支配階級のうち、大夫の下の身分
一定の資格・職業の人。「弁護」「イエズス会

じ【士/仕】[漢字項目]

〈士〉⇒
〈仕〉⇒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「士」の解説


周代の天子諸侯に仕え,治者階級の一員として (けい) ・大夫 (たいふ) の下に位置した身分
のち官吏を中心とする読書人・知識人をさした。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【軍制】より

… 7世紀中葉の大化改新以後,中央集権国家建設の事業が進められ,8世紀初めには中国にならった日本の律令国家の体制が完成する。律令制のもとでは全人民が戸籍を通じて国家に掌握され,役務の一つとして成年男子のなかから徴発された兵士(ひようじ)が軍団に勤務した。これは当時の東アジア情勢の緊迫に対処して,国家的な常備軍の編成をめざしたものと考えられる。…

【士農工商】より

…江戸時代の社会を構成した主要な身分である武士,百姓,職人,商人を指す言葉。四民ともいう。…

【春秋戦国時代】より

…この間上記の春秋の大国のうち曹が前487年宋に,陳が前478年楚に併合された。一方諸国内では大夫が諸侯を抑え,さらに士が大夫を制するといった下剋上の気風が強まり,魯では孟孫・叔孫・季孫の三大夫の家が国政を左右し,一時は季孫氏の臣であった陽虎が政権を握った。北方の大国晋でも,韓,魏,趙,知,范,中行の6氏が強大となり,晋侯の力は失われ,前453年に,韓,魏,趙の3氏が晋を分割し,前403年に周王より正式に諸侯と承認され,また斉では陳からの亡命大夫田氏が斉侯を凌駕し,前386年には完全に国を奪い,斉侯として周王に認められた。…

【戦争】より

…これは北の世界での〈平和〉と南の世界での〈戦争〉を併存させるという奇妙な時代を画し,戦争の性格をこれまでになく本質的に変容させた。
[革命の戦争]
 17~18世紀までの君主間の戦争は,王に対して直接的な関係をもつ貴族からなる〈将校〉と,ヨーロッパ全土から強制徴募か懸賞金で召集された〈下士卒〉とに厳格に分かれた,階層的構造をもつ専門家の軍隊によって,一地方の併合や保持といった王朝的利益のために,一定の対決の規則にもとづいて行われる限定的なゲームでしかなかった。それは形式を重視し,殺戮(さつりく)の少ない,どちらかといえば遊戯的機能をもつ戦争であった。…

【中国】より

…しかしながら,多少とも儒教というものに知識をもつ人であれば,この感懐もまた不思議以外の何物でもあるまい。乃木将軍の死は武士道の精華とこそいうべきであろうが,どう考えても儒教的ということはできないように思われる。君父に対するいかに深い哀痛であろうとも,それを礼によって抑制して〈性を滅せしめない〉のこそ儒教の教えであった。…

※「士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android