壬生川(読み)にゅうがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壬生川
にゅうがわ

愛媛県東部,西条市北部の旧町域。 1971年三芳町と合体して東予町,翌 1972年東予市,2004年3市町と合体して西条市となった。燧灘に面し,道前平野西部を占める。伏流水に恵まれ,米作が行なわれる。海岸埋立地には紡績工場などが立地。また,農産物集散地で,大規模選果場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壬生川
にゅうがわ

愛媛県中東部、西条(さいじょう)市の一地区。旧壬生川町。燧灘(ひうちなだ)に面し、江戸初期からの港町。松山藩の新田開発に伴って新川を改修して港がつくられ、蔵米積出しでにぎわった。卸・小売業が多く商業の中心地区であるが、現在、JR予讃線壬生川駅前地区に商業の中心が移りつつある。図書館を併設した東予郷土館がある。[横山昭市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の壬生川の言及

【東予[市]】より

…愛媛県北部,燧(ひうち)灘に面する市。1971年壬生川(にゆうがわ)町と三芳町が合体して成立した東予町が翌72年市制を施行した。人口3万3468(1995)。…

※「壬生川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

壬生川の関連情報