コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燧灘 ひうちなだ

7件 の用語解説(燧灘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燧灘
ひうちなだ

瀬戸内海中部,香川県三崎半島と愛媛県高縄半島の間を占める海域。香川,愛媛,広島の3県の県域の一部をなす。北部は備後灘,西部は芸予諸島来島海峡,東部は塩飽諸島で限られる。平均水深 30~40m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひうち‐なだ【燧灘】

瀬戸内海中南部の海域。香川県の三崎半島と愛媛県の高縄半島との間で、魚島(うおしま)・四阪(しさか)島などがあり、四国沿岸は臨海工業地帯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

燧灘【ひうちなだ】

瀬戸内海中央部,備讃諸島と三崎半島,芸予諸島と高縄半島に挟まれた海域。北は備後灘,西は来島海峡を経て安芸灘に接する。イワシ,タイ,サワラなどの漁業が盛んに行なわれるほか,沿岸では工場立地が進み,四国中央市の紙・パルプ,今治市のタオルなどを特産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひうちなだ【燧灘】

瀬戸内海中央部,備讃諸島と三崎半島,芸予諸島と高縄半島に挟まれた海域の南部で,北は備後灘である。周囲に火打石(燧石)用の石英の産が多かったのでこの名があるという。東西約60km,南北約30kmのほぼ長方形をなし,平均深度18.6m。島はほとんどないが,伊吹島(香川県),魚(さかな)島,四阪島,大島(以上,愛媛県)などの小島が散在する。イワシ,タイ,サワラ,アサリ,小エビなどの漁業が盛んで,とくに伊吹島はカタクチイワシパッチ網漁業で知られ,それを加工する煮干し工場が島の周囲に建ち並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひうちなだ【燧灘】

瀬戸内海中央部の海域。愛媛県の新居浜・四国中央市などの北の海域で、北部は備後びんご灘、西は来島くるしま海峡で安芸灘となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県(愛媛県・広島県)〕燧灘(ひうちなだ)


瀬戸内海の中央部、香川県西部から愛媛県東部を南岸、広島県東部を北岸、芸予(げいよ)諸島を西岸とする海域。東に備讃瀬戸(びさんせと)、西に来島(くるしま)海峡、北に三原備後(みはらびんご)瀬戸がある。西端の来島海峡付近を除き、水深30~40mの平坦(へいたん)な海底が続く。沿岸では定置網漁やノリ養殖が盛ん。南西部は新居浜(にいはま)港・東予(とうよ)港などの重要港湾が控え、臨海埋め立て地に工場が進出している。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燧灘
ひうちなだ

瀬戸内海の中部、香川県三崎半島と愛媛県高縄(たかなわ)半島の間を占める四国北岸の海域。北は備後(びんご)灘、西は来島(くるしま)海峡を経て安芸(あき)灘と接する。水深は15~30メートル程度で、海底は比較的平坦(へいたん)である。四国北部の半島部の沖には島が多いのに対し、燧灘をはじめとする灘の地域には島が少ないが、これは灘の地域が沈降しているためと考えられている。燧灘には伊吹(いぶき)島、円上(まるがみ)島、江ノ島、魚(うお)島、高井神(たかいかみ)島、四阪(しさか)島などが東西方向に並んでいる。[新見 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燧灘の関連キーワード岩城島大三島男木島塩飽諸島伯方島備讃諸島三崎半島日生諸島上浦[町]備讃瀬戸

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燧灘の関連情報