燧灘(読み)ひうちなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燧灘
ひうちなだ

瀬戸内海中部,香川県三崎半島愛媛県高縄半島の間を占める海域。香川,愛媛,広島の3県の県域の一部をなす。北部は備後灘,西部は芸予諸島来島海峡,東部は塩飽諸島で限られる。平均水深 30~40m。伊吹島円上島魚島四阪島などの島々がある。5月には瀬戸内海の東と西からタイの群れが魚島付近に集る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひうち‐なだ【燧灘】

瀬戸内海中南部の海域。香川県の三崎半島と愛媛県の高縄半島との間で、魚島(うおしま)・四阪(しさか)島などがあり、四国沿岸臨海工業地帯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

燧灘【ひうちなだ】

瀬戸内海中央部,備讃諸島と三崎半島,芸予諸島と高縄半島に挟まれた海域。北は備後灘,西は来島海峡を経て安芸灘に接する。イワシ,タイ,サワラなどの漁業が盛んに行なわれるほか,沿岸では工場立地が進み,四国中央市の紙・パルプ今治市のタオルなどを特産する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひうちなだ【燧灘】

瀬戸内海中央部,備讃諸島と三崎半島,芸予諸島と高縄半島に挟まれた海域の南部で,北は備後灘である。周囲火打石(燧石)用の石英の産が多かったのでこの名があるという。東西約60km,南北約30kmのほぼ長方形をなし,平均深度18.6m。島はほとんどないが,伊吹島(香川県),魚(さかな)島,四阪島,大島(以上,愛媛県)などの小島が散在する。イワシ,タイ,サワラ,アサリ,小エビなどの漁業が盛んで,とくに伊吹島はカタクチイワシのパッチ網漁業で知られ,それを加工する煮干し工場が島の周囲に建ち並んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひうちなだ【燧灘】

瀬戸内海中央部の海域。愛媛県の新居浜・四国中央市などの北の海域で、北部は備後びんご灘、西は来島くるしま海峡で安芸灘となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県(愛媛県・広島県)〕燧灘(ひうちなだ)


瀬戸内海の中央部、香川県西部から愛媛県東部を南岸、広島県東部を北岸、芸予(げいよ)諸島を西岸とする海域。東に備讃瀬戸(びさんせと)、西に来島(くるしま)海峡、北に三原備後(みはらびんご)瀬戸がある。西端の来島海峡付近を除き、水深30~40mの平坦(へいたん)な海底が続く。沿岸では定置網漁やノリ養殖が盛ん。南西部は新居浜(にいはま)港・東予(とうよ)港などの重要港湾が控え、臨海埋め立て地に工場が進出している。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燧灘
ひうちなだ

瀬戸内海の中部、香川県三崎半島と愛媛県高縄(たかなわ)半島の間を占める四国北岸の海域。北は備後(びんご)灘、西は来島(くるしま)海峡を経て安芸(あき)灘と接する。水深は15~30メートル程度で、海底は比較的平坦(へいたん)である。四国北部の半島部の沖には島が多いのに対し、燧灘をはじめとする灘の地域には島が少ないが、これは灘の地域が沈降しているためと考えられている。燧灘には伊吹(いぶき)島、円上(まるがみ)島、江ノ島、魚(うお)島、高井神(たかいかみ)島、四阪(しさか)島などが東西方向に並んでいる。[新見 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひうち‐なだ【燧灘】

瀬戸内海中央部、香川県の三崎半島と愛媛県の高縄半島、大島、弓削島に抱かれた海域。高井神島、魚島を境に、北部は備後灘に接する。四阪島、伊吹島などがあり、タイ・イカ・タコ・エビなどの漁場

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燧灘の関連情報