コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

声字実相義 しょうじじっそうぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

声字実相義
しょうじじっそうぎ

空海の著書。1巻。『即身成仏義』『吽字義』とともに3部の書とされ,その他の著書を加えて 10巻とした十巻章のなかに含まれる。『大日経』の具縁品の一文をもとに,文字と音声とは,そのまま宇宙の真理大日如来を本質的に示現するものであると論じる。言語学の立場からは日本最初の言語哲学書である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうじじっそうぎ〔シヤウジジツサウギ〕【声字実相義】

平安前期の仏教書。1巻。空海著。成立年未詳。音声と文字とは、そのまま真理を表すとする密教の考え方を述べたもの。声字義

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじじっそうぎ【声字実相義】

真言教学の重要な教典の一。空海著。一巻。この宇宙全体が超越的存在である大日如来の言語の現れであるとし、それを理解し、超越者と一体化する道を示す。声字義。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

声字実相義の関連キーワード真言宗超越者教典一巻字義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android