コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱原発 だつげんぱつphase‐out of nuclear power generation

知恵蔵の解説

脱原発

欧州を中心とする脱原発への動きでは、まず1999年12月にスウェーデンが稼働中のバルセベック原発1号機を閉鎖し、2005年5月には残る1基も閉鎖。00年6月にはドイツ政府と電力会社が原発全廃に合意、03年11月に1基目を閉鎖、05年5月には2基目も閉鎖した。ベルギーでも03年1月に脱原発法が成立した。電力自由化で電気料金の低下が進み、原発が経済面から電力会社の重荷になってきたことに加えて、自然エネルギーや分散型エネルギー源の急速な普及や、緑の党の政権参加など政治的な構造変化も背景にある。一方、原子力ルネサンスと呼ばれる動きや中国など推進姿勢の国もある。日本では、1999年9月の東海村臨界事故、2000年11月の三重県海山(みやま)町(現・紀北町)の原発住民投票、同11月の静岡県浜岡原発の配管破断、02年8月に発覚した東京電力の原発トラブル隠し事件などが相次いだ。しかし、00年の原発促進法(原子力立地地域振興特別措置法)や03年のエネルギー基本計画、原子力立国計画を掲げた新・国家エネルギー戦略で、原子力を改めて基幹電源に位置付けるなど、原子力推進姿勢を維持している。

(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

脱原発【だつげんぱつ】

原子力発電に依拠したエネルギー政策を転換し,将来的に原発を廃棄することを求める主張。原子力発電をそもそも認めない立場である〈反原発〉と異なり,廃棄への技術的・時間的プロセス代替エネルギーについての多様な考え方を含んでいるため,政治的・社会的運動における主張として見た場合,〈脱原発〉は結集点になりにくいという批判もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

だつげんぱつ【脱原発】

安全性や経済性、廃棄物処理など多くの問題を抱える原子力発電にエネルギーの多くを依存する傾向を見直す考え方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

脱原発の関連キーワードシュレーダー(Gerhard Schröder、ドイツ連邦共和国首相)反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党減税日本反TPP脱原発を実現する党生活の党と山本太郎となかまたち全国電力関連産業労働組合総連合原発事故とエネルギー政策台湾総統選(2016年)ドイツの州と緑の党の躍進スコットランド独立運動原発再稼働をめぐる状況ヨシュカ フィッシャーデモンストレーション地球温暖化対策推進法福島第二原発3号機電源構成の検討状況自然エネルギー財団日本婦人有権者同盟国民の生活が第一原子力資料情報室民進党[日本]

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脱原発の関連情報