コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変記号 へんきごうflat

翻訳|flat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変記号
へんきごう
flat

音楽用語。変位記号の一つで,与えられた音を半音下げる記号フラットとも呼ばれ,♭と記す。臨時記号に用いられる場合は符頭の左側に付し,調号の場合には音部記号の右にまとめて示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へん‐きごう〔‐キガウ〕【変記号】

音楽で、変化記号の一。ある音を半音下げるための♭の記号。フラット。→嬰(えい)記号

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

変記号【へんきごう】

音楽用語。フラット。ある音を半音だけ低くする記号で,現在の記譜法では♭が使われる。さらに半音低める記号を重記号(ダブル・フラット)と呼ぶ。(図)→嬰(えい)記号

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

へんきごう【変記号】

音楽で、変化記号の一。幹音を半音低めることを示す。記号 ♭  フラット。 ↔ えい記号

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変記号
へんきごう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の変記号の言及

【変化記号】より

…基本音階(ハ長調音階つまりピアノの白鍵に相当)に含まれる音を幹音(かんおん)または本位音といい,これを半音一つまたは二つぶん変化させた音を派生音(変化音,変位音とも)という。変化記号には幹音を半音高くする嬰記号(シャープsharp ♯),半音低くする変記号(フラットflat ♭),半音二つぶん高くする重嬰記号(ダブル・シャープ ),半音二つぶん低くする重変記号(ダブル・フラット ♭♭),それに以上のすべての変化記号の効力を消して派生音を幹音に戻す本位記号(ナチュラルnatural ♮)の5種がある。 変化記号の役割には調号と臨時記号の二通りがある。…

※「変記号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

変記号の関連キーワード偏・変・扁・片・篇・編・變・貶・辺・返・遍・邊・騙ダブル・フラット[double flat]記号の名称と意味Wフラット本位記号長音階嬰記号本位音5度圏幹音

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android