コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調号 ちょうごうkey-signature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調号
ちょうごう
key-signature

音楽用語。「調子記号」ともいう。楽曲の調性を示す記号で,音部記号の次に変化記号を用いて示す。調性に用いられる変化音臨時記号をまとめて冒頭に書き記す習慣は古くからあったが,今日のように秩序立てて行われるようになったのは古典,ロマン派の時代になってからで,それ以前は部分的に記されたり,記号の数が実際に用いられる変化音より少い場合もあった。また現代音楽にみられるように,調性が急激に移り変ったり,事実上の崩壊を伴った作品では,調号の使用は意味を失い,用いられない場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ごう〔テウガウ〕【調号】

楽曲の調を示す記号。各調の音階に含まれる嬰(えい)記号・変記号をまとめ、譜表の各段、音部記号のあとに記す。調記号。調子記号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうごう【調号 key signature】

西洋音楽の記譜法において,音部記号や複縦線の後に記されて調を表す記号。ハ長調,イ短調は無調号,それ以外の調ではフラット(♭)かシャープ(♯)が使われ,♯が一つ増えるごとに5度上の調に,♭が一つ増えるごとに5度下の調となる。一つの調号で互いに平行関係の長短二つの調が表される。一般に長短各12調に対応する12の調号(無調号を含む)が基本であるが,異名同音で考えれば嬰ヘ長調=変ト長調のようにさらに三つほどが用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうごう【調号】

五線譜で、初めの音部記号の次に、その曲の調を示すために記す嬰記号や変記号。調記号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調号
ちょうごう
key signature英語
Tonart-vorzeichnungドイツ語

五線記譜法で用いる変化記号の一種で、楽曲の調を示す。調子記号ともいわれる。各調の音階に含まれる派生音を嬰(えい)記号(♯、シャープ)と変記号(♭、フラット)で譜表の初めにまとめて記したもので、楽曲では音部記号(など)の次に毎段書かれる。調号は、その五線譜が続く間、音部記号の変化に関係なく、それがつけられた同音名の音すべて(同一音高だけでなく)に有効となる。なお、本位記号()も転調時に調号の一つとして用いられることもある。また、短調における導音などの半音変化は臨時記号として記され、調号では示されない。
 調記号のくふうは11~12世紀に端を発するが、現在のような調号の体系がほぼ確立したのは後期バロック以降のことで、古典派やロマン派の調性音楽には好都合であった。後期ロマン派になり、転調が頻繁に行われ、さらに調性自体が崩壊されると、調号はその意味をしだいに失っていく。現代音楽の作曲や諸民族の音楽の五線譜化に際しては、通常の調号とは異なるものが使用されることもある。[柴田典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の調号の言及

【調】より

… 調性音楽の楽曲ないし楽章は中心となる一定の調(主調)をもち,途中で転調が生じても最後にはその主調で終結し,それによって安定した終止感が得られる。各曲の調の種類は,楽譜の曲頭,音部記号のあとに調号をもって表示される。たとえば変ホ長調とハ短調のように平行調関係にある二つの調は同じ調号をもつが,その場合には主音の位置によって調を区別することができる。…

【譜表】より

…音符や休符はこれらの線上または線間に記されるが,5線の音域を上下に3度以上越える場合は,臨時に短い加線(かせん)が加えられる。譜表に付随する記号には,このほか音部記号調号,拍子記号,縦線,複縦線,連結括弧(ブレース)などがある。音部記号によって特定の線の音高が定められ,自動的に他の線の相対音高と譜表全体の基本音域も確定される。…

【変化記号】より

…変化記号には幹音を半音高くする嬰記号(シャープsharp ♯),半音低くする変記号(フラットflat ♭),半音二つぶん高くする重嬰記号(ダブル・シャープ ),半音二つぶん低くする重変記号(ダブル・フラット ♭♭),それに以上のすべての変化記号の効力を消して派生音を幹音に戻す本位記号(ナチュラルnatural ♮)の5種がある。 変化記号の役割には調号と臨時記号の二通りがある。ハ長調やイ短調の自然的短音階を除く各調では,音階固有音(その調の音階を構成する各音)にも派生音が含まれるが,それらはふつう譜表の各段冒頭に調号としてまとめて表示される。…

※「調号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

調号の関連キーワードナチュラル・マイナー・スケール[natural minor scale]シューベルト:ピアノ・ソナタ 第9番 ロ長調/piano soloモンポウ:前奏曲 第7番/piano soloモンポウ:前奏曲 第9番/piano solo拍子記号[time signature]調号[key signature]関係調[related key]ナチュラル[natural]転調[modulation]フラット[flat]調(音楽理論用語)キー [key]ソナタ形式本位記号変位記号教会旋法拍子記号平行調五線譜5度圏

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android