コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変化記号 ヘンカキゴウ

5件 の用語解説(変化記号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へんか‐きごう〔ヘンクワキガウ〕【変化記号】

音楽で、ある音を上げ、または下げることを示す記号の総称。嬰(えい)記号変記号など。変位記号

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へんかきごう【変化記号】

西洋音楽の記譜法において,音に半音的変化を加える記号。基本音階(ハ長調音階つまりピアノの白鍵に相当)に含まれる音を幹音(かんおん)または本位音といい,これを半音一つまたは二つぶん変化させた音を派生音(変化音,変位音とも)という。変化記号には幹音を半音高くする嬰記号(シャープsharp ♯),半音低くする変記号(フラットflat ♭),半音二つぶん高くする重嬰記号(ダブル・シャープ ),半音二つぶん低くする重変記号(ダブル・フラット ♭♭),それに以上のすべての変化記号の効力を消して派生音を幹音に戻す本位記号(ナチュラルnatural ♮)の5種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へんかきごう【変化記号】

幹音を半音階的に高めたり低めたりする記号。調号・臨時記号に用いられるシャープ・フラットなどの総称。変位へんい記号。 → 本位記号

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変化記号
へんかきごう

変位記号」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変化記号
へんかきごう
accidentals英語
Versetzungszeichenドイツ語

五線記譜法で幹音に半音的変化を加える記号。♯、♭、)、の5種類あり、臨時記号や調号として用いられる。臨時記号は楽曲の途中で音に臨時の半音的変化を与える記号で、前述の5種類すべてが用いられる。調号は、楽曲の初めにその調の派生音をまとめて記したもので、♯、♭、(転調時のみ使用)の3種が使われる。
 変化記号は10世紀ごろ、ロ音と変ロ音を区別するために用いられた(四角い♭、固い♭)と♭(丸い♭、柔らかい♭)に由来する。やがてと♯に発展し、紆余(うよ)曲折のすえ、18、9世紀に現在のような体系になった。しかし20世紀音楽(十二音音楽など)では、臨時記号はそれがつけられた音符のみに有効とするなど、用法に多少の変化がみられる。また西洋音楽以外の音楽を五線譜化する際、半音より狭い微分音の表記に↑やなどの新しい記号も用いられる。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変化記号の関連キーワード嬰記号エンハーモニック楽譜記譜法調号変記号五線記譜法西洋音楽東洋音楽派生音

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変化記号の関連情報