コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時記号 リンジキゴウ

3件 の用語解説(臨時記号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りんじ‐きごう〔‐キガウ〕【臨時記号】

楽曲の途中で、ある音の高さを一時的に変化させるための記号。符頭の左側につけられた変化記号本位記号をさす。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨時記号
りんじきごう
accidental英語
zuflliges Versetzungszeichenドイツ語

五線記譜法で用いる変化記号。嬰(えい)記号(♯)、変記号(♭)、重嬰記号(または♯♯)、重変記号(♭♭)、本位記号()の5種あり、楽曲の途中で臨時的に現れた派生音を音符の左側にそのいずれかをつけて表示する。臨時記号はそれが記された音符以降、同一小節内の同一音高にのみ有効となる。
 なお、楽曲の初めにまとめて記された変化記号は調号とよび、これとは用法が異なる。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の臨時記号の言及

【変化記号】より

…変化記号には幹音を半音高くする嬰記号(シャープsharp ♯),半音低くする変記号(フラットflat ♭),半音二つぶん高くする重嬰記号(ダブル・シャープ ),半音二つぶん低くする重変記号(ダブル・フラット ♭♭),それに以上のすべての変化記号の効力を消して派生音を幹音に戻す本位記号(ナチュラルnatural ♮)の5種がある。 変化記号の役割には調号と臨時記号の二通りがある。ハ長調やイ短調の自然的短音階を除く各調では,音階固有音(その調の音階を構成する各音)にも派生音が含まれるが,それらはふつう譜表の各段冒頭に調号としてまとめて表示される。…

※「臨時記号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨時記号の関連情報