コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏羽織 ナツバオリ

大辞林 第三版の解説

なつばおり【夏羽織】

夏に着るひとえの羽織。絽・紗しや・透綾すきやなどで作る。ひとえばおり。 [季] 夏。 《 -われをはなれて飛ばんとす /正岡子規 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の夏羽織の言及

【羽織】より

…生地はちりめん,綸子(りんず)が主で10月から4月ごろまでは袷(あわせ)仕立てとし,羽二重などのすべりのよい柄物の裏地(羽裏(はうら))をつける。これらの生地を単(ひとえ)仕立てにした単羽織はほとんど失われ,代りに絽(ろ),紗,羅などの夏羽織が用いられているのが現状である。【山下 悦子】。…

※「夏羽織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夏羽織の関連キーワード正岡子規津綟子紙布竪絽

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android