(読み)ろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


平織に経糸の一部をからませて透目 (すきめ) をつくった盛夏向きの搦織 (からみおり) 。繊維は主として絹のほかに綿,人造繊維も用いられ,原糸によって生絽 (きろ,生糸) ,練り絽 (絹糸) ,綿絽,人絹絽に分けられる。また地組織のからみの柄や方向によって平絽 (緯絽) ,綾絽,変化絽 (ほら,かぶと,うずら,斜,市松,紗,紋) ,経絽,経緯絽があり,平織部分の緯糸本数により3本絽 (三越〈みこし〉絽) ,5本絽 (五越〈いつこし〉絽) ,7本絽などがある。夏きもの,長襦絆,帯,半襟,羽織,カーテン地などに用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

絽【ろ】

からみ(もじり)織物の一種。平織と紗(しゃ)織を混合したもので畝(うね)状に透かしが入る。絹が多いが綿,化繊,合繊もある。横絽は緯(よこ)糸3本おき,5本おき,7本おきに経(たて)糸を交差させて織り,横方向にすきまをつくるもので,それぞれ三本絽,五本絽,七本絽という。縦絽は経糸で同様に織る。生糸による生(き)絽と精練染色した糸による練(ねり)絽があり,駒絽,壁絽絽縮緬(ちりめん)などの種類がある。軽く通気性に富むので夏の和服,帯,袋物などにする。
→関連項目織物絹織物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろ【絽】

と同様な綟り織(もじりおり)の一種。経(たて)糸2本を組織単位とし,そのうちの1本が搦経(からみだて)となり,他の1本の地経の左右に搦みながら組織される点は紗と同じであるが,絽の場合は搦み目と搦み目の間に,一定本数の緯(ぬき)糸が平組織に織り込まれる。この緯糸の本数は必ず奇数となっており,その数により三本絽(三越絽),五本絽(五越絽),七本絽(七越絽)などと呼ばれる。これを基本として平織地に絽で文様を,あるいは絽地に平織で文様をあらわした紋絽をはじめ,絽地に金糸を織り入れた絽金,絽地に多色の色糸を織り入れた絽繻珍(ろしゆちん),絽綴(ろつづれ),絽唐織など,絽地の瀟洒な味わいを生かした各種の紋織物がつくられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろ【絽】

からみ織りの一種。たて糸とよこ糸をからませて透き目を作った絹織物。涼感があり、盛夏用。絽織り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


からみ織物の一種。紗(しゃ)と同じく、綟り綜絖(もじりそうこう)(振綜(ふるえ))を用いて2本の経糸(たていと)を交差させて緯糸(よこいと)を打ち込むが、その際、1回綟り組織をつくったあと、緯糸数本を平織組織に織り込み、また綟り組織に織り、これを繰り返していく。この際に平織組織に打ち込む緯糸の本数(越(こし)数)によって、三本絽(三(み)越絽)、五本絽(五(いつ)越絽)、七本絽、九本絽などと称する。これによって1回綟れたところには組織のすきまができ、横の縞目(しまめ)が現れる。これを横絽という。これに対して、経糸数本を平織組織にし、次の2本の経糸を綟り組織に織って竪(たて)にすきまをつくっていくと、竪の方向に縞目のすきまがあく。これを竪絽と称する。このような基本組織に種々の変化を加えたものに洞絽(ほらろ)、紋絽(もんろ)などがあり、さらに糸に強撚糸(きょうねんし)を用いた絽縮緬(ちりめん)などがある。通常生糸を用いて織り、後(あと)練りしたものが多いが、先染めの糸を用いた練絽(ねりろ)もある。用途はもっぱら夏季の衣料で、単衣(ひとえ)をはじめ、袴地(はかまじ)、羽織、半衿(はんえり)などにも用いられる。[山辺知行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絽の関連情報