コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕なぎ(凪) ゆうなぎ

百科事典マイペディアの解説

夕なぎ(凪)【ゆうなぎ】

海陸風の交替時の夕方に,海岸地方で風が一時なぐこと。日本では瀬戸内の夏の夕なぎが〈讃岐(さぬき)の夕なぎ〉などの地方名をもち,暑さが耐え難いのでよく知られている。
→関連項目朝なぎ(凪)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の夕なぎ(凪)の言及

【朝なぎ(朝凪)】より

…そのため,夜間,陸から海に向かう陸風が吹き,日中は逆に海から陸に向かう海風が吹く。両者の交代時にしばらく風が吹かなくなり,陸風から海風に交代する朝方の無風状態を朝なぎ,海風から陸風に交代する夕方のそれを夕なぎevening calmと呼んでいる。海陸風【浅井 冨雄】。…

※「夕なぎ(凪)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android