夕飯(読み)ゆうはん

精選版 日本国語大辞典「夕飯」の解説

ゆう‐はん ゆふ‥【夕飯】

〘名〙 夕方の御。ゆうげ。ゆうめし。夕食。ばんめし。
※大乗院寺社雑事記‐長祿三年(1459)五月二二日「風呂在之、古市并兵庫召之、夕飯給之」
※浮世草子・傾城禁短気(1711)六「夕飯(ユウハン)前から乗込」

ゆう‐めし ゆふ‥【夕飯】

〘名〙 夕べに食べる飯。夕方の食事。夕はん。晩めし。ゆうまま。
※文明本節用集(室町中)「夕食 ユフケ ユフメシ」
※浮世草子・小夜衣(1683)五「御出て夕めしまいらせ候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夕飯」の解説

ゆう‐はん〔ゆふ‐〕【夕飯】

夕べの食事。夕食。夕餉ゆうげ。ゆうめし。
[類語]夕飯ゆうめし夕食夕餉夕御飯夜御飯晩御飯晩飯晩餐ディナーサパー

ゆう‐めし〔ゆふ‐〕【夕飯】

夕べの食事。ゆうはん
[類語]夕飯ゆうはん夕食夕御飯夕餉夜御飯晩御飯晩飯晩餐ディナーサパー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android