コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小夜衣 サヨゴロモ

デジタル大辞泉の解説

さよ‐ごろも【小夜衣】

夜寝るときにからだをおおうもの。夜着(よぎ)。
「―着て馴れきとは言はずともかごとばかりはかけずしもあらじ」〈総角

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さよごろも【小夜衣】

静岡の日本酒。酒名は、「新古今和歌集」の歌の一節に由来。大吟醸酒、特別純米酒、特別本醸造酒などがある。原料米は五百万石、山田錦。仕込み水は南アルプス伏流水。蔵元の「森本酒造」は明治初期創業。所在地は菊川市堀之内。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

小夜衣

古典落語の演目のひとつ。「ちり塚お松」の別題。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さよごろも【小夜衣】

寝所で着る衾ふすま。夜着。 「さらぬだに重きが上の-わがつまならぬつまな重ねそ/新古今 釈教

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

小夜衣の関連キーワード勧善懲悪覗機関春日 清鶴邑井 一佐山検校擬古物語邑井一講談長歌

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android