外構(読み)とがまえ

精選版 日本国語大辞典「外構」の解説

と‐がまえ ‥がまへ【外構】

〘名〙 家屋敷の外面の構造。そとがまえ。〔文明本節用集(室町中)〕
※信長公記(1598)一一「神吉の城あらあらと取寄り、外構(トガマヘ)即時に攻破(せめやぶり)

そと‐がまえ ‥がまへ【外構】

〘名〙 家屋敷のなどの配置や構造。また、その門・垣・塀など。
※詩学大成抄(1558‐70頃)二「此句も、孔明が八陣のそとかまえとみえたぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android