コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八陣 ハチジン

デジタル大辞泉の解説

はち‐じん〔‐ヂン〕【八陣】

中国の兵法で、古くから唱えられた8種類の陣立て。日本では、ふつう、平安時代に大江維時(おおえのこれとき)が唐から学んだという、魚鱗鶴翼長蛇偃月(えんげつ)(または彎月(わんげつ))・鋒矢(ほうし)・方円衡軛(こうやく)・雁行(がんこう)の8種をいう。孫子呉子のもの、諸葛亮の考案したものなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はちじん【八陣】

兵法で、八種の陣立て。中国で、孫子・呉子・諸葛孔明などが創案したというが詳細は不明。魚鱗・鶴翼かくよく・長蛇・偃月えんげつ(または彎月わんげつ)・鋒矢ほうし・方円・衡軛こうやく・雁行がんこうのほか、種々ある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八陣
はちじん

戦いに臨んで、陣を布(し)く際の、8種の陣備えの形をいう。わが国に古代中国の兵学思想が正式に移入されたのは、735年(天平7)に帰国した、遣唐留学生吉備真備(きびのまきび)(695―775)らによるとされる。方・円・曲・直・鏡の五行(ごぎょう)の陣形や、易(えき)の八卦(はっけ)あるいは井田法(せいでんほう)などの図式に基づいて考案された諸葛亮(しょかつりょう)の八陣や、孫子の九地結営(きゅうちけつえい)の法などである。なかでも亮(孔明(こうめい))の八陣図は、中国古来の天地風雲・竜虎(こ)鳥蛇の八陣に、八卦の乾坤巽艮(けんこんそんごん)(四隅)・震兌離坎(しんだりかん)(四方)を結合させたもので、これに洞当(どうとう)・中黄(ちゅうおう)・竜騰(りょうとう)・鳥翔(ちょうしょう)・連衡(れんこう)・握奇(あくき)・虎翼(こよく)・折衝(せっしょう)の名を冠している。これを受けて平安時代の文人にして兵学者大江維時(これとき)(888―963)がつけた魚鱗(ぎょりん)・鶴翼(かくよく)・雁行(がんこう)・彎月(わんげつ)(偃月(えんげつ))・鋒光(ほうこう)・衡軛(こうやく)・長蛇(ちょうだ)・方円(ほうえん)という和名が後世までもよく使われた。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八陣の関連キーワード岩井 松之助(4代目)豊竹麓太夫(初代)大谷広次(初代)小野川調五郎八陣守護城長蛇の陣長沼宗敬佐川藤太佐藤魚丸田辺希賢諸葛孔明鋒矢形白帝城陣立軍学軍陣

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八陣の関連情報