多勢に無勢(読み)タゼイニブゼイ

大辞林 第三版の解説

たぜいにぶぜい【多勢に無勢】

大勢に対するに少人数であること。大軍に敵対しがたいときなどにいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たぜい【多勢】 に 無勢(ぶぜい)

(古くは「たせいにぶせい」) 多人数に対して、少人数で向かったのではとても敵対しがたいこと。少数の力では、おおぜいの力にはどうしてもかなわないこと。
※流布本平家(13C前)六「防ぎ戦ふと雖も、多勢に無勢」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多勢に無勢の関連情報