衆寡(読み)しゅうか

精選版 日本国語大辞典「衆寡」の解説

しゅう‐か ‥クヮ【衆寡】

〘名〙 多数少数多寡。多少。また、数(かず)のこと。
※文明本節用集(室町中)「君子無(シュウクヮ)、無小大敢慢〔堯曰篇〕」
※俳諧・鶉衣(1727‐79)前「それが勝れりとも劣れりとも、更に衆寡の論には及ばず」 〔論語‐堯曰〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「衆寡」の解説

【衆寡】しゆうか(くわ)

多勢無勢。〔三国志、張範伝〕、亂を作(な)す。~昭~(たまたま)長安より來(きた)り、(弟)承に謂ひて曰く、今卓を誅せんと欲するも、衆寡せず。且つ一旦のし、阡陌(町)の民を戰はしむるも、士素撫せず、兵せず、以てし。

字通「衆」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android