コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多忠方 おおの ただかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多忠方 おおの-ただかた

1085-1135 平安時代後期の雅楽家。
応徳2年生まれ。多資忠(すけただ)の3男。京都方。父と長兄の節方(ときかた)が山村政連に殺されたため,たえようとしていた神楽(かぐら)を堀河天皇から教授され,自筆の神楽譜をあたえられた。永久2年右近衛将監(うこんえのしょうげん)。33年間右舞(うまい)の一者(いちのもの)をつとめた。保延(ほうえん)元年6月16日死去。51歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多忠方の関連キーワード保延神宗グレゴリウス神宗三大都市圏台風12号被害近畿への外国人観光客義天四国カルストスノードン山